R[}W

Posts filed under '自転車&サイクリング'

2018/04/03

いつもの峠を抜けて神谷川に下る

次の峠を超えて隣町の池まで、とも思ったが、元気が足らなかった。
なので、いつもの峠を超えて大曲を通り、下り道だけで街を貫く川までおりてみた。

P4030778-180403-151427-480x360.jpg
神谷川の上流方面を望む

橋が重なり面白いと思って撮ったが、安物コンデジでは単なる橋の上の写真になってしまった。
おまけに傾いているし。

と、言うわけで単に写真の腕が悪いだけの話である。

 

大曲の木立の隙間から街が見えると思ったが写ってなかった

大曲から下ると川に出るが、ブレーキシューの消耗が激しいのでトコトコと歩いて下ることにした。
ブレーキシューにはこの夏をフルでもってほしいものである。

P4030775-180403-141214-480x360.jpg
墓地の入り口でのんきに寝ている猫

峠への上りの途中にある墓地の入り口のスロープの日陰でのんびりと昼寝をしている猫を発見。
1.5km程度さきの山道で見かける猫なのだが、民家の近くに居るということは、この辺りの住猫(?)かもしれない。

 

Add comment 4月 3rd, 2018




2018/03/24

自転車のタイヤ交換

12月に届いていたのだが、屋外の作業になるので寒さを言い訳にしてタイヤ交換を先送りにしていた。

P3300766-180330-142600

Panaracer、COL DE LA VIE Randonnee 650 x 38A

タイヤは Panaracer の COL DE LA VIE Randonnee 8W650A-LX 26×1 3/8×1 1/2。
まあ、太目の 26インチタイヤだ。

下手糞なのでチューブのバルブ位置が決まらず微妙な傾きが直せない。
タイヤをトントンと叩いてなんとか真っ直ぐになった気がするようにできた。

パナレーサー(Panaracer) コルデラヴィ

COL DE LA VIE Randonnee 8W650A-LX 26×1 3/8×1 1/2
650 X 38A の オープンサイドのタイヤだ。

 

Add comment 3月 24th, 2018

2017/04/22

遅咲きの八重桜

池周辺の桜は完全に花を落とし葉桜状態だったので、きょうは池から少し上流に行ってみた。


池から川沿いの上流部にはところどころに白とピンクの八重桜が植えてある

派手に散ってしまう公園などの桜と違い、ところどころに植えられた八重桜は開花時期も少し遅く、花も散りにくいようだ。


帰り道の墓地の駐車場にポツンと咲く八重桜

開花と同じ時期に葉もつくので、ピンク色の花をつける木は桜餅がなっているように見える。
そんな風に見えるのは、単に私の食い意地が張っているせいだろうか。

 

4月 22nd, 2017

2017/04/16

自転車シーズン到来と思ったけど桜には間に合わず

土曜日に出かける気でいたけど、天気が雷、雨、強風と変な天気で自宅引き篭もりモード。
日曜になり、晴れたのは良いのだけど気温がグングンと上昇の気配。

P4160434-170416-144430.jpg

期待した桜は既に散り始めており葉っぱが目立っている。
昨日の風雨がきいたのだろう。

4月 16th, 2017

2016/12/21

自転車の英式→米式バルブ変換アダプター

英式のバルブを米式に変換して空気圧を調整できるようにするアダプターがパナレーサーから出ている。
エアチェックアダプターという商品名だ。


Panaracer (パナレーサー) ACA-2 英式→米式バルブ変換 エアチェックアダプター

サイトで見る製品画像でもデカそうに見えたが、実際に装着するとチョットコレハ…って感じの大きさ。

重量もかなりの様だが、お買い物自転車なので高速走行するわけでも無し、気にしなくてもよいのかも知れない。
今回は後輪だけ交換してみたがが前輪の場合はバランスがあやしそうだ。

とか言いながら、前輪は仏式バルブのチューブだったりする。
なので、前輪の交換は当分先の話になるだろう。

英式→仏式変換のバルブも持っているが、単にバルブ上部が仏式用のポンプに合うような形状になっているだけで調整機構って言うか抑えると余分な空気を抜く仕掛けが無かったので目的には合わなかった。
また、米式のほうが楽そうに思えたので、試しに買ってみた。
これは、クルマやオートバイのバルブのように中心に棒(?)があって、押すと空気が抜けるようになっている。

前述のように、調整機構って言うか何と言うのかが無いので使う理由が見つからない。
それにしても、ちょっと高いんじゃなかろうか。

とかなんとか言ってはいるが、3~4気圧程度での使用なので英式バルブで不都合なことは無い。
だけど、ついなんだか試してみたくなる性分なんだから仕方が無いではないか (ぉぃぉぃ

 

Add comment 12月 21st, 2016

2016/10/15

大佐山から県道398号へ

普段は午前中に出るのだが、なぜだか落ち着かなくて、昼食後、消化には問題ありとは思ったが、「裏山」プラス「大裏山」コースを思いついて出て来てしまった。

裏山の大佐山コースを抜けると廃棄物処理場に関連して作ったと思われる新道に出る。
ほとんどはタラタラと上れる坂なのだが、処理場への分岐から上は激坂となる。

一度は乗って上ってみたが、先が続かなかったので引き返した事があった。
それで、今回は、上の道に出るまで押して上ることにした。
距離は長くは無いのでのんびりと上るだけだ。

ではあるが、6月には上の道を上っているので激坂が続くのを覚えている。
今回は喋る監視装置が静かだったのだが、壊れたのだろうか。
夏バテかも知れない(ぉぃぉぃ

そこから山の反対斜面に移ると本道となる県道に出る。
あとは、下り坂をタラタラ下りて帰るだけだ。

帰りモードに入ると、寄り道はせずトットと帰るって性格なのはどうしたものであろうか。
せいぜい、アイスクリームを買いにコンビニによるだけだな。

 

Add comment 10月 15th, 2016

2016/10/10

裏山的大佐山東コース

時間は掛けられないけど、チョッと出たいんだよ、って時には手頃な裏山コース。
すぐ横にゴルフ場があるなんて全く分からない。

で、いつもの眺めのあるところで一休みしたら引き返すのがお気楽コースなのであるが、ここまで来るのにキツイ上りが二箇所あるので完全なお気楽コース(?)とは言えないかも知れない。

さて、帰り道をトロトロと下っていると見慣れない物体が路上に居た。
動かないが超警戒モードらしいから、ゆっくりとカメラを取り出してそっと一枚写す。

一応、何か移っていると思うが 10倍ズームではこんなもんだろうか。
しばらく、見ていると、藪の中に逃げ込んでいった。

 

Add comment 10月 10th, 2016

2016/10/02

短いけど県道419を端から端まで

総延長 14.7kmと短い県道ではあるが、その約 2/3は谷間の狭くて荒れたクネクネ険道だ。
通常この道では林道の入り口がある分岐で引き返すが、なぜか調子が良い様な錯覚に陥って先に進んでしまった。

それにしても、地図上で気になっていた廃屋らしき家のあるところまでの、ほんの 1km程度を余分にと思っただけだが。

着いてみると下の川沿いにお宮があり、放置ではなく整備はされているように見えた。
しかし、二軒見える家屋は放置された廃屋状態だった。

そこから更に、もうチョット行ってみようかと先に進んだのが今回の暴挙である。
と言っても、たいした距離でもなければ上りではあるが激坂な訳ではない。
ただ、書く事もあまり無いので、大袈裟に騒いでいるだけだ (ぉぃぉぃ

廃屋から先の道は小石の落石、路肩の崩れ掛けた箇所、ひび割れと路面の段差、などと手前の道に比べれば交通量もほとんど無いような道で、特に落石は下手に踏むと転倒の恐れが大きいので、下りになる帰り道では注意が必要だ。

自治体の境界線を越えた辺りから周りが明るくなり険道も終わりに近付いた感じがしてくる。
実際、約 1.5km程度で国道に出る。

なんだか、舞い上がってしまい国道のバス停で写真などを撮っていると、ロードレーサーが国道を南下して行った。
国道は狭いわりに交通量が多く、更に激坂上りも二箇所か何箇所かあるので敬遠し、険道と騒いでも帰り道は下りだけって事で県道を引き返すのが自己流である。

てな感じで、南端の約 1kmを除いて短い県道だが往復してみた。

 

Add comment 10月 2nd, 2016

Previous Posts


カテゴリー

 広告

アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
コールマン特集

月別アーカイブ

 
C-NET
中国キャンパー会議室

Powered by

さくらのレンタルサーバ スタンダード