Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ktnr01/www/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44
野宿は楽し、雨もまた良し » 自転車&サイクリング

R[}W

Posts filed under '自転車&サイクリング'

2016/09/24

七曲トンネルから東側へ(別コース)

懲りずにやって来ました、七曲トンネル。
今回は地図上でしか見ていないコースなので少しだけ早めに出発。

今回もバテずに辿り着けました。

トンネルを抜けて旧道に入り新トンネルの上にある旧七曲トンネルまで行く。
旧トンネルは金網で塞がれていて通行不可だ。

毎回、同じような画像を撮ってしまうのは新トンネルと同様だ。
画像右手方向に分岐があるので、そこから更に上って行く。

旧トンネルの上を横切るように進むと苔生した切り通しが現れる。

切り通しを抜けると、そこからは下りが主体となる。
途中で右側にある分岐に入ると未知のルートとなるが、先には農場かなにかがあるのだろう。
更に進むと左方向に舗装されてはいるが狭い荒れた道が下ってゆく。
今回はそこから下ってゆく。

荒れた激坂下りの道をタラタラと下り、下界へと戻ってゆくのだ。

 

Add comment 9月 24th, 2016




2016/09/23

さるや権現の林道

地図を見ても場所がハッキリしないので敬遠していたのだが、なんとなく気まぐれで行ってみることにした。
それまでの県道とは名ばかりの険道の上りがきついので果たしてどうなる事やらって感じだが。

一応、林道入り口まで辿り着いたので上り始める。
未舗装の上りを自転車を押すのは足が滑って捗らない。

だいぶ歩いた来た気がしたころに鳥居が現れた。
が、右手に分岐があり、民家の屋根が見えている。
すぐ下は県道の舗装路らしい。

なんか、遠回りしてしまった感じだ。

気を取り直して進んでゆくと開けた場所に出て、そこからなんとか瀬戸内海が見えている。
海までは直線距離で二十数キロってとこだろうか、普段感じているよりも実際には近いのだ。

さて、その先はと言うと、ほとんど目的地目前って所だと思うのだが、路面にブルーシートが敷かれていて危険って表示があったので、次に期待ってところでお帰りモードに切り替えた。
まあ、いつになるやら分からないが、次回があるさ、って事で良いのではないだろうか。

Add comment 9月 23rd, 2016

2016/07/02

新山地区上り下りで四苦八苦

新山(にいやま)ってところがあるのだが、北部は、と言ってもこのいったいは上り道は厳しい坂が多いのだが、いつも分岐点で立ち止まりながらも通り過ぎていた道を上ってみることにした。

なんとなく気分が良い時に行っておかなければ生涯、行く事も無いだろう所となってしまう(大袈裟だろうか?)。
地蔵堂まではかなりの上りが続いて早くもヘロヘロモードに突入してしまった。

更に上りは続くのだが、少し上のお地蔵さんのある分岐を折れて下りモードで逃げをうつことにした。
一番上のほうには福盛寺というお寺があるのだが、さすがにそこまで行くには体力も気力も欠けている。

上りが急な坂ならば、下りも急坂の道でブレーキシューの消耗を気にして歩きモードに入ったりする。
寺の山門がポツンとあるのが不思議な光景だ。
中の仁王さんは県の重要文化財らしい。

自転車を押して下るのもなかなか疲れるもんだ。
いつもの池に出て一休みして帰途に着く。

Add comment 7月 2nd, 2016

2016/06/26

七曲トンネルから東側に下りてみる

今年は七曲トンネルまで辿り着くのがやっと、と言うヘロヘロ足になったしまった。

以前は、トンネルはスタート地点のような感じだったのだが、年月というやつは無情だ。

 
さて、トンネルを越えたところで旧道に入り、旧七曲トンネルの手前で上り道に入る。
苔生した切り通しの道を通ると下り主体の帰り道ルートとなる。

途中の地蔵堂でおにぎりをほおばって帰途に着く事にする。

Add comment 6月 26th, 2016

2016/06/23

大佐山東ショートコース

上りのキツイ箇所もあるけど、裏山的ショートコースでお気楽にトロトロと行ける。
が、時間に余裕があったりしたら延長コースと言うササヤキが…。

しかし、通常は北側に下りて川沿いに戻って来るか、あっさりと下りオンリーの逆戻りコースを選ぶ。
きょうも暑いので、あっさりと下りで汗を乾かしながら引き返すことにする。

Add comment 6月 23rd, 2016

2016/06/19

国道まで出たら引き返す

たらたらと進み、最後の急坂を上ると国道に出る。

P6180382-160618-100559

百谷って言う位いだから谷が深く国道もヘアピンの連続で高度をかせぐ。

国道を約1Kmほど下った分岐でもとの県道に戻る道へと入る。

P6180383-160618-101309

そう言えば、県道なんだよね、あの辻堂のある狭い道は。ずっと、市道だと思っていた。でも、ほとんで林道って感じなんだけど。

Add comment 6月 19th, 2016

2016/06/18

さるや権現には猿がいる?

きょうは分岐を直進して国道まで出てみようと思う。

P6180378-160618-093430

いったい、何度、ここを通った事だろうか。この先の分岐を直進すると10%級の急坂が待ち受けている。

距離はそれ程でもないので一気に上ってしまう。と、先のほうの路上になにやら動くものが。

P6180379-160618-095228

よく見ると猿が何かを拾って食べているようだ。さるや権現上り口に猿がいたなんて出来過ぎた話。さるや権現は通称で実際の名称は熊野神社のようだ。

Add comment 6月 18th, 2016

2016/06/14

六地蔵

見捨てられたような県道を北に行ってみようかと、思ったが、途中に通行不可の表示が出ていた。どうやら、先週の強い雨で土砂崩れがおきたようだ。

P6140377-160614-104434

住居がある最深部手前あたりに大きな石に刻んだ地蔵がある。この上に県道があるが通行不可ではしょうがない。帰りは下り道なのでルンルン気分で引き返す(意味不明)。

Add comment 6月 14th, 2016

Next Posts Previous Posts


カテゴリー

 広告

アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
コールマン特集

月別アーカイブ

 
C-NET
中国キャンパー会議室

Powered by

さくらのレンタルサーバ スタンダード