Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ktnr01/www/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44
野宿は楽し、雨もまた良し » 2005 » 5月

R[}W

Archive for 5月, 2005

2005/05/08

5月のキャンプ@立野キャンプ場

2005年 5月7日?8日
立野野営場 (廿日市市吉和)

旧吉和村に入ったらクヴェーレ吉和の案内表示を頼りに県道286に入る。
約2Kmほど広い道を進むと突然道が狭くなる (^^;

舗装はされているが、狭い林道のような県道を対向車に気をつけながら不安な気持ちを抑えながら約2Km進んでゆくとキャンプ場の表示が道の左側に現れる。
ゆっくりと道を下ってゆくとキャンプ場だ。ほっ、と一息 (^^ゞ

mapion立野キャンプ場
広島県 廿日市市吉和 付近

5月 8th, 2005




2005/05/04

ローカルサイクリング

県道21 新七曲トンネル

2005年 5月4日
県道(21)-県道(400) 加茂-山野-井関-藤尾

なん十キロも移動するサイクリングは2年ぶりだ。かなり不安 (^^;
このルート、何年か前まで、遠出をしないときのお決まりルートだった。
だが、新七曲トンネル開通後のサイクリングは初めてなので、いったい何年ぶりなのだろうか。

新七曲トンネル 山野バイパス(新道)

新トンネルが出来たので交通量の多いこの道も車を気にせずに走れるようになった。
また、新トンネルは旧トンネルよりも低いところにあるので、登りも若干楽になった。
以前は調子が悪いときはこの辺りでバテていたのだから (^^;

トンネルを抜けると豪快なダウンヒルが始まる。
所々路面が荒れているが、交通量が少ないのでほとんどノーブレーキングで下ってゆける。
市街地も新道でバイパスしてしまうので、下りの勢いを残して一気に旧道の分岐まで登ってしまう。

この先からは一車線区間がかなり残っているので対向車に気をつけながら走行しなければならない。

山野ィ??ンプ場駐車場 ???自然??? 路傍休憩所

山野周辺は近隣から涼を求めて川原や広場でピクニックやバーベキューをしにに来る人が多い。
山野キャンプ場も例外ではなくまずまずの人出で賑わっていた。

キャンプ場の駐車場近くの道路のすぐ下に(キャンプ場の端っこ、とも言う)中国自然歩道の休憩所(東屋)があるので、そこで少し遅い昼食をとることにした。

素掘りのトンネル なぎ倒された木々

しばらく行くと素掘りのトンネルがあるのだが、いつの間にかコンクリートが吹き付けられていた。
落石や上から落ちてくる水への対策だろう。

ふと山を見上げると斜面の木がなぎ倒されている箇所が散見される。
昨年は台風の当たり年で、2度も連続して縦断していった。おそらく、そのせいだろう。

福山市-神石高原町 境 カーブミラー写真の失敗作

やっと福山市と神石高原町との境にやってきた。ここまではかなり狭い山道を進むことになる。
県道とは言え舗装された林道状態の道だ。もう何キロか進めば国道182に出る。
途中のカーブミラーで自分撮りを試してみたが、古いデジカメでは液晶が見えず、うまく行かなかった。
以前、フィルム式のカメラでやった時にはいい感じだったのだが・・・。

井関浄水場の温泉水の表示

下井関で国道に出て少し進むと9%勾配の上りが待ち受けている。
長くはないし、その後の下りも楽しめるのだが、交通量が多く、9%勾配は嫌だったので川沿いに山を迂回する旧道を通ることにした。

旧道はダラダラと続く上りなのだが、全く車が通らないので、そのぶん、気分的には楽だ。
途中、浄水施設があり、そこに「←温泉水」なんて表示があったのだが、温泉水が出ているような箇所は見つからなかった。
いったい、何なのだろうか??

藤尾ダム 左上はレストラン

井関の交差点で国道から逸れて県道に入り、直ぐに山道状態の県道400に入る。
ちょっと長い上りのあとは数キロほど下りが続くのだが、狭い山道なのでかっ飛ばすわけにはゆかない。
ブレーキレバーを握る手がつらい。

下りきったら藤尾ダムに出る。ゴムボートを浮かべて釣りや川遊びをしている人たちがいた。
ダムから上流を見ると、左方向の小高い岡の上にレストランがある。
カウボーイ料理とか聞いたが、まだやっているのだろうか?
シャンカワカーンとかいったっけ。

藤尾 三の滝 藤尾 二の滝

ダムから麓までは下り道なのだが、やはり狭いので油断は出来ない。
また、こちらは多少車の行き来がある。うっかりしてカーブで見過ごしてしまうと谷底にダイブするはめになるだろう (^^;

滝の写真でも撮りながらのんびりと下るのだが、ブレーキレバーを握る手が痛い。
上流側から三の滝、二の滝、一の滝となるのだが、一の滝は場所がわからなかった。
二の滝のすぐ下なのかもしれない。

銀山跡の表示

昔は銀山があって栄えたんですね。って室町時代のことなんだが。
そういえば、どこぞに金山もあったらしいと聞く。

藤尾銀山跡  室町時代

 白銀を掘り始めたのが、いつのころか定かではないが当時としては異例の賑いをみせていたのであろう。
 市町、田町、立小路、胡町等、町筋十二、家数四千八百件、斜面に建った家を遠望すれば、屋根の上に家ありといったありさまであったろう。
 室町時代も中期の寛政二年(一四六一)三月、長雨にて山は崩れ、坑道は埋まって多くの死者を出し、翌年三月には大火に見舞われてことごとく焼失した。
 約百年ほどの銀山繁栄を偲ぶよすがはない。
 福山市教育委員会 協力、新市商工会青年部

小さな集落をこえて下りも緩やかになったところに湧き水があるのだが、写真を撮るのを忘れてしまった。
「白滝の名水」とか書いてあったが、取水に来ていた人が居た。
流出量はそんなに多くは無いようだ。

今回、サイクルメーターを持って出なかったので、走行距離が分からなかった。
自宅までの週回路なのだが、以前、計ったときには約60Kmあったので、一部、新道。旧道の経路は違うが、だいたい同じ距離だろう。

サドルは革サドルなのだが、新品に交換したばかりなので、骨が当たるところが未だ硬くてお尻が痛くなってしまった。
あと何百キロか使わないとだめだろうなぁ。
前後位置も少し調整する必要がありそうだ。

それから、以前に比べて自動販売機が減ってしまっているのは困ったことだ。
加茂の町を過ぎると下井関で国道に出るまで自動販売機は無い。
夏ならば山野キャンプ場の管理等の自動販売機と売店が利用できるが、当てにしないほうがよいだろう。

コンビニで水を買ってでるのだが、1.5Lのペットボトルが全滅しているのには困った。
重宝してたんだけどなぁ。
代替手段を探さないといけないだろう。そうすれば 2Lの飲料水を買って入れ替えることが出来るだろう。

さて、次回のサイクリングはいつになるのだろうか (^^ゞ

5月 4th, 2005

2005/05/03

きょうは知人の葬儀があった

天気が良いのでどこかに出かけるつもりだったのだが、昨日の夜、知人の訃報がはいってきた。


なんとなく、後を引きそうな気がする知人の訃報だった。
この程度しか書けないな・・・。

5月 3rd, 2005

2005/05/02

GW前半@県民の森

雪の無くなったスィ??場

2005年 4月30日 – 5月1日
っひろしま県民の森 (庄原市西城町)

暑い日が続いた4月の末。県民の森に出かけてみた。

ィ??ンプは焚き火!

夜はのんびり焚き火を楽しんだのだが、翌、日曜は朝からの雨・・・。

5月 2nd, 2005

Next Posts


カテゴリー

 広告

アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
コールマン特集

月別アーカイブ

 
C-NET
中国キャンパー会議室

Powered by

さくらのレンタルサーバ スタンダード