Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ktnr01/www/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44
野宿は楽し、雨もまた良し » 2005 » 12月

R[}W

Archive for 12月, 2005

2005/12/07

風と雨の北陸路

12月4日、行程二日目です。
まだ寝ていたのですが、車が動き始めていました。


ジャンクションの通過で揺さぶられたのでごそごそと起き出します。
東北自動車道から磐越自動車道に入ります。
雪の磐越道
路面にはまだ雪が残っていましたがほとんど解けていました。
一部、橋梁部分が凍結しているのが怖いですね。
横に乗っているだけでも滑った感じが分かります。
磐梯山がきれいに見えていたので次のPAで写真でもと思っていたのですが、方向が変るに従って雲に隠されてしまいPAのあるところからは全く見えなくなってしまいました。
晴れていれば真正面に見えるはずの場所なのですが・・・。
気を取り直してPAで朝食です。
NEW島そだち号
これがキャンピングカーの New島そだち号&島そだちさんです。
2.5Lターボディーゼルは100キロ巡航も難無くこなしてくれます。
これからキャンプ道具が積み込まれ4人乗車でのキャンプ行になっても余裕はあると思われます。
北陸道に入り沿岸部の道を通過するのですが、風が強くて進路を乱されがちになります。
車高の高いキャンピングカーは風に翻弄されっぱなしです。
兼六園の雪吊り
東北道の通行止めで時間を食ってしまい危ぶまれた金沢観光でしたが、昼過ぎには金沢に着いたので兼六園観光が出来ました。
兼六園は冬支度も終わり雪に備えて木々には雪吊りがされていました。
北陸道に戻りハイウェイ・オアシスで時間はずれの食事をとります。
着いたときには曇っていただけですが、出るときにはかなり強い雨にかわっていました。
ここからは一路関西方面に向かいます。
滋賀県に入り多賀SA(下り線)のハイウェイ・ホテルで風呂に入り一休みです。
ここからは山陽自動車道をできるだけ西に行ったところでP泊です。

12月 7th, 2005

西は晴れ、東は雪景色

12月3日、岩手県に向かい出発です。
ローカル線もこの角度だと都市近郊の路線に見えます(超ローカルの単線ですが)。


ローカル線の駅
本線の駅で新幹線に乗り換えると旅の雰囲気がしてきます。
新幹線のスピードアップで長距離も楽になりましたが名古屋-新横浜間は相変わらず体感的に長いですね。
東京駅でバタバタと東北新幹線に乗り継ぎます。
福島を出て長いトンネルを抜けると雪景色。まさかこんなに積もっているとは。
復路は車で自動車道で帰るので心配です。
雪の東北路
午後4時、東北新幹線水沢江刺駅で無事島そだちさん&NEW島そだち号(キャンピングカー)と合流できました。
東日本は日暮れが早いですね。広島県と比べると1時間は早い感じです。
まずは近くの前沢町にある温泉「舞鶴の湯」(参考入浴料 500円)に入ることに。
ちょっと熱めの湯でしたがなかなか良い感じの湯でした。
施設内の食堂で軽く腹ごしらえをして復路のスタートです。
東北自動車道にのるのですが、一部区間(白石IC – 西福島IC)が通行止め。
菅生PAにて地図とにらめっこしながら一般道の経路と距離の確認。
ここは普通に国道4号線にて福島西ICまで行くことに決定。
しかし自動車道と同様に山を越えるルートなので不安。
雪の降る国道4号線は通常タイヤのままの車が多いのと坂道や信号で大渋滞。
12月始めに積雪があるのはこの辺りでも珍しい事だそうです。
島そだち号は前もって前オーナーにスタッドレスタイヤ装着を依頼しておいたので助かりました。
とは言っても雪の渋滞路、福島の町外れに着くまでの40キロ程度の距離に3時間かかってしまいまた。
国道沿いの食堂で夕食を食べて福島西ICに向かい、再度東北自動車道にのります。
長い渋滞で疲れてしまい入って直ぐのSA(安達太良SAだったかな)でP泊です。

12月 7th, 2005




2005/12/02

明日は岩手県まで遠征です

寒気が入り込み雪の影響が心配されますが、どうなることやら。


ローカル線の駅まで徒歩20分、本線の駅までは30分の乗車です。
そこから新幹線で東に向かいます。
新幹線は乗車時間が減っていますね。
私が知っているころに比べると1時間近く短縮されているでしょうか。
ポイントはローカル線に乗り遅れないことですね。
次の便だとテーブル上では2分ありますが、数分の延着は必至ですし、2分では乗り換えは不可能です。
まあ、通常の通勤時間帯だし、新幹線に乗ってしまえば寝てられるし。
復路は自動車道をキャンピングカーに乗ってです。
顛末は帰ってからの報告になります。
モブログする環境に無いので・・・。

12月 2nd, 2005

Next Posts


カテゴリー

 広告

アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
コールマン特集

月別アーカイブ

 
C-NET
中国キャンパー会議室

Powered by

さくらのレンタルサーバ スタンダード