R[}W

Archive for 5月, 2009

2009/05/29

ナチュラムの抽選販売

・・・は、いつも

残念でした・・・
 
 
今回ははずれましたが、
また次回がんばってください。

と成り、今のところ一度も当たったためしが無い。

そのうちに、

今回 『』 はずれましたが、

なんて表示されたりして。
しかし、

また次回がんばってください。

なんて言われても、いったい何を「がんば」ればよいのやら。
 

残念でした・・・
 
今回 はずれました。
 
?(^o^)/ オワタ

さすがに、これは無いよな、無いよね、無いとは限らない …。

5月 29th, 2009




2009/05/22

GPS は不滅です

米空軍宇宙司令部、「GPS危機」報道にTwitterで回答
カーナビが全滅するような心配は無さそうです。

心配する必要は無さそうだ

米国の国防上重要なシステムなのでおろそかに扱われるわけは無い。

衛星のいくつかが脱落すると制度に問題は出るが他の衛星を最適な位置に移動させる事ができるようだ。
また、既に追加衛星の打ち上げ計画が進められているとのこと。
とは言え 30基以上も(不適格な表現ではあるが)飛び回っているんですね。
ぶつかったりはしないのでしょうか。
スペースシャトルや国際宇宙ステーションに突っ込んだりとか。
それでなくても既に人類は衛星軌道上にゴミをばら撒いてるし。
人類の残したもの。それは、破壊とゴミ !!
なんて事にならないように・・・。
さて、茶化しは置いといて、こちらの記事のほうがマトモな事が書かれているのでリンクしときます。
このままではGPSが利用不能に?アメリカの政府機関が驚くべき報告を発表 – GIGAZINE
宇宙ゴミ(スペースデブリ)関連:
スペースシャトルは窓を92回交換:宇宙ゴミの威力 | WIRED VISION
 
画像: 2000ピクセル以上のフリー写真素材集

5月 22nd, 2009

2009/05/21

カーナビ全滅の危機か?

現在位置不明

ネタ元: GPS、衛星打ち上げの遅れで存続の危機

古いGPS衛星は来年から順に地球へ墜落することが予想されており

GPS衛星、墜落するんですか。怖いですね。何かに当たりませんか。
それはなんとか成るとしても・・・。

11月に打ち上げ予定のGPS衛星は当初の計画からもう三年遅れ。
これ以上遅れないとも限りません。

そんな事では高価な GPS やカーナビとか使い物にならなくなってしまいますね。
みんな道に迷ってしまい困ってしまいそう。
船舶はどうするんだろうか。メガとかロランとか六分儀とかでしょか。

影響度を考えると、GPS終了! カーナビ全滅!
ということはさすがに起きない、たぶん起きないと思う、起きないんじゃないかな

起きて欲しくないですね。困るもんね。
で、予算はいったいどこから出るんでしょ。
金融不況で更に難しくなったんだろうか。
しかし、上のフレーズどこかで聞いたような気がしますけど、気のせいでしょうか。

画像: 高速道路風標識ジェネレーター

5月 21st, 2009

2009/05/02

ローカルショートツーリング ショートカット編

きょうは、もう少し長いコースを走ってみよう。とは言ってもショートカット版ではあるが。

まずは 7% の上り勾配をやっつける

ウィーダーとかを途中のスーパーで摂取してドーピングしておいたのでわりと調子良く登って来られた。まあ、一度だけ休んだのだけど。
しかし、そんなに早く効果が出るわけは無いので 7%勾配で騒いではいけないのである。

きょうのコースはここからスタート

前回はこのトンネルで引き返したが、今回はここから先を走る。
トンネルを抜けると下りになる。路面が少し荒れているので豪快には飛ばせない。抵抗も大きくペダリングをやめると減速してしまう。
スピ?ドは押さえ気味に約 10分間のダウンヒルを楽しむ。

山間の小さな発電所

ダウンヒルも終わり市街地を通り抜けると 1車線の道にと変わる。暫くはアップダウンはあるものの比較的楽な道が続く。
この辺りで残っている小規模発電所は珍しく、また、この規模のものも他に見た事が無い。

怪しいショット

ズームの都合でカーブミラーでは巧く行かないのでガラス戸を利用してみた。ガラスの汚れと顔の辺りが重なって匿名っぽく写った(変な日本語だな)。
半袖Tシャツと短パンでOKな気温で暑過ぎないのが良い。汗もダラダラとは出ないので水も大げさな量は不要だ。

トイレ休憩

通常コースとショートカットコースの分岐に来た。ここはトイレがあるのでちょっと休憩。は良いのだが、商店が全て廃業していて自動販売機さえも無いのは残念なことだ。
ここから先は約 10kmの上り基調のコースとなる。

お宮はずっと上にある

鳥居が見えてきたので記念撮影をかねてちょっと休憩。神社は 350m先と書かれているが、狭く急な坂を上らなくてはいけないのでちょっとしんどい。
かなり大きな岩穴の中に社があり夏でもひんやりと寒いぐらいのところだ。一見の価値はあるが、行くなら別のルートが楽だ(車の場合)。
しかし、今回は見学はパスするのであった。

きょうのコースは右の道

再度分岐に差し掛かる。左はかなり急な上りの続く道で自転車向きでは無い。右に行けばそれほどきびしく無い上り道を通り国道に出られる。

国道までは 6km の登り道

しかし、なんと言うか、6kmというのは長い気がするがドーピングが利いているので大丈夫(ぉぃぉぃ

牛が散歩している

タラタラとかなり上ったところで牛の鳴き声が聞こえてきた。なぜか牛が散歩しているのだ。

もっと沢山いた

少し先に行くともっと居た。こちらを見てガンを飛ばしている。まさか向かって気やすまいな、とか思ったりもするが、小川でしっかり隔てられているのだ。

突然公園が現れる

国道のでる手前のところで公園が現れる。どうやら無駄に税金を注ぎ込んだ入れ物行政最後の無用の長物らしく話を聞いただけで怒り出す人もいる。
作ってしまったものは使えばよいではないかと思うが、使うには整備とか光熱費とか人件費とか只とは行かないのが痛いところ。

道の駅で冷たいものを

国道までは公園から直ぐなのだが、 10%と思しき上りが待ち構えていたので国道までは押してあがった。
道の駅は週末とあってなかなか賑わっていた。私の目当てはスポーツ飲料の特用缶だけなのでポカリを補給したら用は無い。
ソフトクリームの誘惑は振り切って出発する。

国道を西にそれる

しばらく下り基調の国道を豪快に飛ばして次の分岐まで移動する。
左のわき道に進めば山道伝いのルートで帰る事ができる。初っ端は激坂下りだ。ブレーキレバーを握る手が痛い。

山間の小規模なダム

狭い道を進むとダムに出る。あまり大きくは無いが何かの役に立っているのだろう。この辺りでロックフィル型というのも珍しいのではないかと思うが、私が知らないだけってのが真相だろうか。
ここから先は下りばかりだ。

白滝の名水

下りは楽で良いのだが狭くてガードレールも無く、うっかり曲がり切れなかったり砂で滑ったりすると谷底にダイブって感じの道なので緊張する。
おまけに木立に日差しが遮られて寒いくらいだ。いらないだろうと思っていたストームクルーザーを出して着る。上だけしか持って出なかったので足が寒い。
だいぶ下ったところで白滝の名水とかいうのが現れる。何がどう名水なのか不明だが名水と名乗るからには名水なんだろう。

苔の生えた道

こんな風に苔が路面に生えているくらいだから日当たりは悪い。谷底のような場所だからしかたがないけれど。

神社の門

やっと市民生活のある市街地にたどり着いた。歴史的には一番古いと思われる道筋を辿ってみる。千年以上の歴史のある神社もあったりする。
北側に当たる街道側には門があり、この門は古い山城の門を移築したものと言われている。

5月 2nd, 2009


カテゴリー

 広告

アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
コールマン特集

月別アーカイブ

 
C-NET
中国キャンパー会議室

Powered by

さくらのレンタルサーバ スタンダード