R[}W

Archive for 9月, 2010

2010/09/30

新しいヘルメット

ヘロヘロサイクリングから戻ると金曜にポチっといたブツが届いていた。
あまりグレードは落としたくなかったが、顰蹙財政なので Arai、SHOEI のトップレンジはパス。

101400630001200008294_gbja4rcnvw
シールド付きは便利だ

購入したのは YAMAHA で扱っているオフロード系のフルフェイスのもので、グラフィック入りもあるが、ここはおとなしくシルバーを選択した。

ヤマハ オフロード ヘルメット YAMAHA YX-3 GIBSON-X3

101346895001200008294_giwqtdbevw
シールドを開けた場合

今までのがシールド付きのジェット(J-MAX 賞味期限切)だったのでシールド付きしか眼中に無かった。
フルフェイスは眼鏡使用者にとっては着脱が面倒だが安心感が違ってくる。
少し重いような気がするが、慣れの問題かもしれない。

101714546001200008294_6tetmlqnvw
正面から見た図

着脱時に眼鏡を外し忘れて歪ませないように気を付けないといけないな。
なにしろ、せっかちでうっかり者なんで … 。

3万円台のヘルメットから超特価 1万円台へと半額以下のものになったが、このあたりの物は価格差はベンチレーションの効果と重量に差が出るものだろうから悪くない買い物だろうと思う。

9月 30th, 2010




2010/09/19

ローカルショートツーリング

前回、自転車を引っ張り出したのは梅雨入り前だった。
3ヶ月の沈黙を破り再びサイクリストとしての復活なるか?

101093972001200008294_1huuofttvw
毎度お馴染みの新七曲トンネル

もう全然ヘロヘロで絶不調なコンディション。
ここまで辿り着いたのが不思議なくらいだ。

トンネルを出るとここまでは下り基調なので無問題だ。
今回、いつもの細目のタイヤがボロボロになったので太目のものに付け替えている。
なので登りはちょっとしんどい。

101054700001200008294_dcizgp15vw
かなり先だが県道は路肩崩壊で通行止

フルコースの場合は直進だが路肩がえぐられているらしいので西方向にショートカットコースをとる。
狭くて見通しの悪い荒れた登り基調の道なのでバテバテコンディションにはこたえる。

101323588001200008294_d7mvinhcvw
右手方向 <104> の方に行く

418方面は激坂登りなので動力付きでなければ通らない。
ここを登っている人を見た事があるが、私は人力では絶対に登らない。

さて、ダラダラ登りをヘロヘロと登って国道に出るのだ。

101309762001200008294_wn8wckzevw
国道から脇の極悪非道な県道にそれる

国道に出て北に行くと通常の長目のコースに入るが、もうハッキリ言って、家に帰って冷たいものを飲んでぶっ倒れていたいだけだったのでショートカットする。

101670199001200008294_8hnf0bpmvw
怪しげな料亭跡のレストラン?

国道から逸れると下りだけだからブレーキ操作以外はパワーはかからない。
不思議なレストラン(?)の横を通り抜けて行くのだ。

101620315001200008294_mw4i4fpnvw
いつものダムを通過

ダムの上のほうにもレストランがある、行った事は無いけど。
ダム湖の反対側でダートの道を通るようになる。

101427283001200008294_6zwilcm2vw
いつもの滝を見下ろす

この辺りは激坂下り区間でブレーキレバーを握る手がダルい。
滝はこれのすぐ下流にあるものが落差が大きいのだが落石の恐れありで通路が通行止めになっている。

101276306001200008294_mk6ol0bavw
落石防止工事進行中

小さな集落を通り越すと落石防止の工事をしていた。

日曜日でよかった。
土曜日に知らずに来てしまったら四時まで暇潰しをするか、国道まで引き返すかの選択になっただろう。

9月 19th, 2010

2010/09/18

続・川原歩き

前回と同じ場所だが、今回は少し下流にあるキャンプ場までのコースを考えてみた。
500m 程度長くなるが厄介な箇所も無さそうなので問題は無いだろう。

101910242001200008294_g4jl71qsvw
トンネルで後ろを振り返ってみる

キャンプ場にセローを置いてせまい県道をスタスタと歩いてトンネルのところまで行く。
その間に下に見え隠れする川原の状況を見ようと思っていたのだが、前日の雨で木々の葉が元気になったようでかなり視界が遮られる。

おまけに、双眼鏡も忘れてしまったし。
水だけは 2.5L と少し多目に持ってきたけど。

101081322001200008294_xkox2gyovw
トンネルに入る

カーブミラーが下から見えるのだが、今回は葉に邪魔されて見えなかった。

101775028001200008294_1kxo3b21vw
猿鳴トンネルを抜けて猿鳴橋へ

橋の手前の下流側かわ川原に降りられる。
川原自体は風情があるものの川床がヌルヌルなのはいただけない。

101603625001200008294_94vzceozvw
猿鳴橋から下流側を望む

立体感が出せないのでたいした画像は無いが、日当たり良好な状況は伝わると思う。
暑くて暑くて … 。

101321577001200008294_qyt1uzo1vw
川原から猿鳴橋と上流側を望む

右岸、左岸の状況を見ながら右に行ったり左に行ったりするので、歩く距離は長目になるのだろう。

101411208001200008294_c9372v84vw
岩盤を縫って流れている

岩に登ったり降りたりと移動速度は遅い。
急いでも転んで大怪我するだけなので慎重に足を運ばなければならない。

101033674001200008294_n8cv2pawvw
どちらかと言うと右側が好み

水浴びポイントはここが良いかも。
下がヌルヌルなのは興ざめだが。
黒い鯉が悠然と泳いでいたりする。

101232780001200008294_uaqah1ttvw
岩だと足場がしっかりしている

淵と淵の間は石の間を縫ってチョロチョロと流れてゆく。
そんな場所で右から左へと流れを横切る。

101594346001200008294_yqqq7fxlvw
普段はこの程度の流れしかない

時々立ち止まってきょろきょろ見回さないと足元しか見ない事になってしまう。

101993235001200008294_jykeo7yuvw
日差しが眩しい

この辺りからは初めての区間になる。
上から見た限りでは今までの行程と大差は無いようだ。
しかし、この辺りは川幅が広くなり中州ができていて川が左右に分かれている。

101712077001200008294_1f9zcx7wvw
砂が多いと歩きにくい

この場合は画像に無いが中州の反対側のほうが歩きやすい。

101802926001200008294_6spedk2jvw
右が中州

さて、中州を通り過ぎるとキャンプ場までは 200?300m といった距離だろうか。
しかし、行く手が草ぼうぼうで行く気になれない。

時間もかなり余裕があるので引き返して水浴びなんぞして過ごす事にした。

9月 18th, 2010

四段の滝

わりと良く通るのだが、滝見物をした事が無かったので今回は行ってみることにした。
1.5Km 程度歩くことになるので覚悟して行ったのだが、あっさりとかわされてしまった。

なんと通行止。

101318849001200008294_21y5fe3wvw
四段の滝 入り口

それではと、少し上流にある滝に行く事に。

全く期待はして無かったが、期待を全く裏切らないショボサだった。
上には砂防ダムらしきものが見えているし、水は小汚いし、虫はまとわりつくし … 。

101252009001200008294_wg6oi2c8vw

さて、路肩崩壊と落石による通行止だが、復旧させる気はあるのだろうか。
来る人が少なそうだし、直ぐにまた崩壊しそうだし、落石の問題は解消されないだろうし。

と皮肉を言ってもしょうが無いのだが。

9月 18th, 2010

2010/09/11

キャンプに日帰り乱入

この週末は近くでキャンプをしているって言うんで日帰り乱入してきました。

101123416001200008294_cywuawaxvw
芝サイト … とも言う(?)

鷹ノ巣山から降りてきたばかりで着替えの最中。
夏の登山は汗が半端ではないのが困る。

夜にはもう一人合流するそうで、にぎやかな焚き火になるのでしょう。
あすはカンノ木山に登るそうです。

9月 11th, 2010

川原歩き

いつもはトンネルで通り過ぎてしまうだけの川の蛇行部分。
トンネルの入口と出口の地点とではかなり高低差があり滝でもあるのかなと気になっていた。

101591627001200008294_fq7qjtcwvw
渓流と言うよりは工事現場の水溜まりって感じ

地図では特に滝は無く、単に山間の川なので落差が大きいのだろうと想像できる。
川原と言うと小石とか砂の川原と言う感じを受けるが、この川は大き目の石と岩と岩盤を縫うように川が流れている。

この辺りは雰囲気としては渓谷と言って良い感じの場所だが、上流部分が開けていて民家や工事も多いため川自体はキレイとは言えない。

101040957001200008294_l2293r8wvw
適当な浅瀬で水浴びをしたが下はヌルヌル状態

汗だくになっていたので手頃な流れを見つけて水浴びをしたのは良いのだがパンツが乾かないってのに気付かなかったのは大いなる失敗。
帰りは上の道までよじ登ってトンネルを通れば短いのだが、上れるような場所は無さそうだ。
来るときの経路を引き返すと水浴びでスッキリした身体は元の汗だく状態となってしまった。

普段、たいして歩かないので石を選びながら不安定な姿勢で移動するのは運動量が大きいようで、その夜は思いもしない筋肉痛で階段を下るのがきつかった。

9月 11th, 2010


カテゴリー

 広告

アウトドア&スポーツ ナチュラム
アウトドア&スポーツ ナチュラム
コールマン特集

月別アーカイブ

 
C-NET
中国キャンパー会議室

Powered by

さくらのレンタルサーバ スタンダード